生活費の切り詰めにも限界がある

▽今月ピンチ!今すぐ借りたい人はこちら▽

 

家計が苦しい主婦

 月々の支払いや子供の養育費の為にお金がかかって、生活が苦しくなってしまう……だから、生活費を借りたい! 
 こんな風に思う事って専業主婦をしていれば思う事だってあるものでしょう。

 

 ですが、いくら”生活を切り詰める”とは言ってもそれにだって限度もあるものですよね?
 切り詰めるだけ切り詰める努力はしたものの、どうする事も出来なくなって日常生活を送るのだって困難になってしまった……なんて場合、借金という選択肢が頭に過ぎります。

 

 日常的に困っているという人から、今月だけ支払いの出費が多いから……と様々ですが、後者の場合でしたら、旦那さんや家族に相談する事によって、借金せずともどうにか出来る場合だって考えられるものです。

 

 それに、もしお金を借りるという状況下であったとしても自分名義ではなく、旦那さんの名義でお金を借りる事も出来るので、賃金会社の選択もカードローンだけではなく、消費者金融のキャッシングという手段も浮かんで来るものですよね。

 

 ですが、専業主婦の立場からすると、旦那さんに対して『生活費が足りない』なんて事、なかなか言えたものではありませんよね?
 自分は無収入という立場です。
 これを伝えてしまえば、管理が下手だなんて嘆かれる事もありえるものですし、まるで『貴方の収入が少ないから!』なんて受け取りをして、そこから発展して喧嘩になってしまうなんて事もよくあるものです。
 出来る事ならば、こんな事で喧嘩なんかしたくないものですからね。

 

 お金の問題は、夫婦間でギクシャクとした拗れをもたらせやすい問題には違いありません。だからこそ悩ましいと思うものではないでしょうか。

 

 でも、どうしても・・・・いざというときに専業主婦の方が頼れるカードローンを紹介しますね。

 

 

新生銀行レイク

 

新生銀行カードローン レイクなら、2つの金利ゼロ円が選べる!

 

サービスの利用が初めてなら、「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」の2つが選べます。

 

借入に不安を感じている人にはうれしいサービスですね。

 

 

 

 

 

無収入でも生活費を借りたい

生活を守る主婦

 このサイトでは、専業主婦でも借りられるカードローンについて紹介しています。
 主婦は社会的には立派な職業ですが、経済的には無職と同じ扱い、年収はありません。
 しかし、最近では個人のカードローン利用が増加し、主婦向けカードローンに都市銀行を始め、大手金融機関が力を入れ始めました。

 

 そういう意味では、無収入の主婦であっても、お金を借りやすい時代になっていると言えます。 
 ただし、専業主婦が借りられるカードローンの限度枠は小さく、上限いっぱいまで借りてしまうと、借り先がなくなり、やがては闇金など違法業者から借りてしまうケースが跡を絶ちません。
 借金から夫婦離婚、一家離散という最悪のケースを辿らないためにも、正しい知識をもってお金を借りるようにしましょう。

 

 

無収入だと借りれない総量規制とは?

困った

 主婦がお金を借りにくくなった背景には、2006年から施行されている貸金業法の改正があります。
 総量規制は、2010年に改正貸金業法の完全施行により導入されました。

 

 総量規制は、個人の借入総額が、年収の3分の1までに制限されることを指します。
 ですので、原則、無収入である主婦は改正貸金業法の対象である消費者金融から借入をすることはできません。

 

じゃあ、銀行に専業主婦向けのプランがあるのはどうして?

 銀行は、銀行法の対象の為、貸金業法対象外であります。
 最近では、銀行が専業主婦向けのプランを出しているので、専業主婦でも銀行からは借りれるようになっています。
 ただし、専業主婦の返済能力は低いとみなされていますので、上限金額も低くなる場合がほとんどです。

 

専業主婦がお金を借りるには配偶者のステータスが審査では重要

 専業主婦が銀行提携のカードローンでお金を借りるといった場合、多くの場合、最大上限が30万円までお金を借りる事が出来ます。

 

 ただし初回からポンと30万円を丸々と借りる事が出来るワケでもありません。
 審査の結果によっては20万程度だったり半額の15万程が上限額に設定されるという場合もありえます。
 この審査いったい何が重要な参照資料になるのか、カードローン審査における重要ポイントをあげてみました。

 

 

旦那さんが安定した収入を毎月得ている

旦那の収入

 まず、審査で重要となる部分は『旦那さんが、安定した収入を毎月得ている』という点です。
 専業主婦が銀行提携のカードローンの契約を行う時は、旦那さんの収入状況で審査を受ける事が出来るものです。

 

 だからこそ、旦那さんのステータスこそが、審査に通過出来るか出来ないか? 重要なポイントとなるのです。
 とは言っても、こういった事って審査を受けている段階で旦那バレしてしまうものでは?! なんて心配になってしまうものですが……審査自体は旦那さんに内密に行う事も出来るので安心してくださいね。

 

旦那さんの個人の信用情報

 次の重要条件は、旦那さんの個人の信用情報に債務整理や任意整理、及び自己破産や借金滞納などの”事故経歴”が無い事が重要となります。

 

 もはや先程述べた「安定した収入」と同じく審査に通過する為の前提項目と言っても過言ではないでしょう。
 これでもしも、旦那さんに事故経歴があるのならばお金を借りる事は難しいものです。

 

申し込みブラックに注意

 また、『審査に通過する事が出来るかも分からず不安!』といった場合でも、短期間のうちに連続して多数の銀行にカードローンの申し込みは絶対にしてはいけません。
 連続した申し込みは、所謂”申し込みブラック”と見なされて、他社で借りる事が出来ないという状態に陥ってしまうものです。

 

 基本的には1社受けて結果が審査落ちであったとしても、すぐに申し込まずひと月ふた月と開けてから申し込んだ方が賢明だと言えます。

 

 また1社で落ちてしまったら、「どこも同じかも知れない」と諦めてしまうくらいの気持ちで居た方が良いです。
 それに、『生活費が足りない』という理由って実は貸す側である貸金業者も渋る理由のひとつとして挙げられているものです。

 

 確かに生活費が足りないというと、どんな状況下であれ他者からすれば日常的に生活をするお金も足りないものと見なされて、審査段階で落としてしまうなんて事もあるのです。

 

まとめ:堅実に借りるなら夫の理解を得てから借りる

仲の良い夫婦

 旦那さんに内緒で借りたい。カードローンの借入は、家族には内緒にしておきたいという人が多いのが現状です。
 しかし、本当に生活のことを考えるのであれば、旦那さんに理解を得て、家族でカードローンを利用して家計を見直すのがベストな選択です。

 

 そもそも、お金を借りてその時の生活をどうにか凌いだとしても、その後は返済にも追われ生活も更に厳しくなるなんて考える事も容易いものですよね?
 だからこそ、早めに旦那さんに打ち明けて相談をするか、自分自身がパートに出て収入を増やすなどと対策を取った方が、借りるよりも賢明だと言えるのではないでしょうか?

 

専業主婦OKの貸金業者。審査に通る確率は”絶対”ではない

 『お金を借りたいから』と貸金業者で最初に行う事と言えば、審査を行います。
 当然コレに通過しなくては、お金を借りる事も出来ないものですが、いくら『専業主婦でもOKです』と大々的にうたっている貸金業者であったとしても借入する事が出来ない事もありえます。

 

 どうして審査に落ちてしまったのか?こういった部分は当人には明かにされておらず、理由さえも分からないようになっているものです。
 ですが、審査に落ちる理由というものは幾らか例もあるものです。
 まずは、『必ず審査に落とされてしまう理由』について解説していきましょう。

 

専業主婦が必ず借入審査に落ちるパターン

 カードローンは専業主婦もお金を借りる事が出来るものですが、カードローンと言うと、銀行提携のカードローンと消費者金融が提携するカードローンの2種があります。
 この双方のうち、専業主婦がお金を借りる事が出来る場所と言えば、銀行提携のカードローンのみとなります。

 

 アコムやモビットやプロミス等の消費者金融が提携するカードローンの規制は主婦だとしても、パートや会社勤めで定期的で安定した収入を得ている方のみとなります。
 なので、現実的に無収入という事となる専業主婦の方では消費者金融提携のカードローンの審査はまず通過する事も出来ないのです。

 

 CMや広告なの宣伝媒体と言えば、メリットについて大々的にしているので、こういった細かい部分をあまり説明していません。
 それ故に、うっかりと消費者金融提携のカードローンで審査の申し込みを行い落とされてしまう専業主婦の方は非常に多いものです。

 

 『主婦OK』なんて言葉を聞くと『専業主婦だって審査に通るのでは?』なんて誰だって思ってしまうものには違い無いでしょう。
 間違える人だって居てそれでは当然だと感じるものです。
 なので、審査に落とされてしまったなんて場合は銀行提携のカードローンで再度審査の申し込みを行う事を推奨します。

 

意外と知らない?! 専業主婦がお金を借りれる上限は30万円まで

専業主婦は30万円まで借りれる

 続いての”審査に落とされる”傾向は、既に複数の会社で借入を行っているという場合です。
 当然の事ながら、無限にお金を貸してくれるなんて事はまずありえない話ですよね?

 

 先にも紹介しましたが、専業主婦がカードローンでお金を借りる事が出来る金額はせいぜい最大で30万程度という事を頭に入れておきましょう。
 否や、この上限金額については、20万や15万と30万以下という場合もありえます。
 なので、既に他の賃金会社からお金を借りていて、上限額30万円と契約してしまっていれば、審査に通らない可能性も非常に高くなり、残念ながら解決方法はありません。

 

 強いて一つだけ希望があるのならば、もし今現在契約しているカードローンの借入上限額が30万円以下という場合のです。
 この場合は、上限金額を引き上げる交渉を行う事は出来る可能性はあります。
 これによって、上限額の30万円まで引き上げ出来る希望もあるものですが、やはり返済を怠らずきちんとしている事が前提だと言えます。
 当然貸金業者側からしたって、支払い滞納をする方の上限額を増やしたいなんて思わないものですからね。

 

 その他にも審査に落とされる理由として考えられる要因は、返済をトンズラして踏み倒した等とブラックリストに掲載されるような信用情報に傷がついているなんて場合も考えられるものです。
 また、配偶者や家族に借金の滞納履歴があるなんて場合も、審査に通らずお金を借りる事が出来ないなんて背景もあるものです。
 なので、もしも審査に落ちてしまったのであれば、どれが原因で融資を受ける事が出来ないのか? この点を掘り下げて考えてみてください。

 

低所得者がお金を借りる。国からお金を借りる方法

 生活に困窮しているというのであれば、国や地方自治体からお金を借りることができます。
 それが、社会福祉協議会が実施する「生活福祉貸付制度」です。
 貸出には要件や、利用上のメリット、デメリットがあるので、詳しく紹介します。

 

 「生活福祉制度」は全国の社会福祉協議会が実施する、貸付制度です。

  • 低所得者
  • 高齢者
  • 障害者

 これらの生活や福祉向上のために設置されたものです。

 

 「低所得者」の定義が難しいところですが、これは各自治体によって基準が定められています。
 また、世帯人数によっても違いますので、詳細はお近くの社会福祉協議会にお尋ねください。

全国社会福祉協議会

 

無収入の人は借りれない?

 一見すると弱者の味方で、誰でも借りれるという雰囲気の生活福祉貸付制度ですが、実は、融資を受けるためのハードルは高いです。
 まず、無職の人は借りれません。やはり返済を前提としているので、返済能力がない人は審査に通らないようです。無職の人はハローワークへの登録を勧められます。
 また、多額の借金を抱えている人も同様に、借入はできません。法律相談の相互扶助組織「法テラス」を紹介され、債務整理の検討を迫られます。

 

 このように、生活福祉制度貸付は実は誰でも借りれるという性質のものではありません。
 今すぐにお金を借りたいというのであれば、カードローンが一番です。
 しかし、相談する前から諦めてしまうのももったいないので、一度、お近くの社会福祉協議会で相談してみてください。 

 

 

ここまででお金が工面できなかった主婦は狙われている

 

 どうしても、夫にバレずにお金を借りたい人はいますよね。
 そこで、ソフト闇金など危険ではないと紹介しているサイトはありますが本当に危険なので、絶対にやめてください。

 

急増中!闇金で借りる専業主婦の実態。闇金融から借金するとどうなる