『お金を借りた先が闇金融だった!』そうならない為に出来る事

闇金で借りる主婦

 

 闇金で専業主婦がお金を借りる事案が急増していることをご存知ですか?
 私はそんな馬鹿なことはしない!実際にヤミ金業者から借りている人たちは、最初はそう思っていた専業主婦の方ばかりです。

 

 TVで特番がよく組まれているので闇金融の恐ろしさというのは誰もが理解しているものでしょうが、”専業主婦”の方がこの毒牙にかかってしまうという被害報告が後をたちません。

 

 そもそも闇金融とはどんな貸金業者でしょうか?
 まずこの点について知っていきましょう。

 

今更聞けない、闇金とは?

 闇金融は、法律に定められている以上の利息や手数料を取り、違法で非道な取り立てを行う貸金業者を示しています。
 こういった場所で借りてしまった場合、業者は『あらゆる手段』でお金の返済を求め回収にやって来ます。

 

 誰だって、TV特番で見覚えはあるものではないでしょうか?
 一昔前のドラマでもそういった描写ってよくあったものですよね? そういった非情な取り立てや強請りって現実的に起こりうるものです。

 

 また、返済出来る筈も無いような高額金利までのし掛かってくるものなので、その先に待ち受けるものは破滅と絶望しかありません。

 

 また、ネットには『闇金融は違法業者だからこそ必ずしも返済する義務は無い・返済はしなくても良い』といった情報も出回っています。

 

 最悪お金を借りてしまった場合は、この情報を絶対に鵜呑みに信じてはいけません。

 

 実質法律で、違法詐欺業者に返済をする義務も無いとは定められているものですが、本当にそういった行動に出てしまえば、報復が返ってくるものには違いありません。

 

 元から違法なお金の貸し方をしている業者です。
 当然その報復方法だって、想像を絶する程に恐ろしい事をやってくる事は安易に連想出来るものですよね?

 

 自分の身は勿論の事ですが、家族や親戚を守りたいと思うのであれば、どんなに『お金を借りたい』と思っても、闇金融だけには手を出してはいけない事をしっかりと頭に入れておきましょう。

 

絶対に騙されない為に……闇金融を見破る方法ってあるの?

 そもそもどうして専業主婦の方が闇金融に手を出してしまうのでしょうか?
 これには様々な理由が絡むものですが、代表的なパターンを一つ提示しましょう。

 

 キャッシング……所謂”サラ金”には『年収3分の1までの融資しか出来ない』という総量規制という法律が適合されている為、専業主婦はここではお金は借りられません。

 

 そして消去法で行き着く先と言えば、銀行となります。

 

 今では銀行ではカードローンを提携している場所も多いですし、”専業主婦でも借りる事が出来る”と大々的に宣伝されているところもある程です。

 

 ですが、専業主婦が銀行から借りる事が出来る金額と言えば、最大でもせいぜい20万〜30万円程です。
 50万・60万とそれ以上の纏まったお金を希望しているという場合には厳しいと感じるものでしょう。

 

 また、最大20万〜30万とは言っていますが、この数字は「絶対」とは言えません。

 

 審査結果によって左右するものですし、最大借入額が10万程度、或いはもっと低く5万程度の小額しか借りる事が出来ないといった場合だって想定出来ます。

 

 これが災いし『もっと大きな金額が必要だから銀行では無理だ』と諦めた専業主婦が、闇金融に手を出してしまうパターンが非常に多いのです。

 

 当然の事を言ってしまいますが、闇金融側は自分達を違法業者だと名乗る事はまずありません。

 

 違法業者の立場で考えれば分かりますが、そんな事をすれば収益だって出せませんからね……。

 

 だからこそ、本当にごく普通の貸金業者になりすまし自然な立ち振る舞いをしてきます。

 

 宣伝方法と言えば、家の郵便受けにチラシを投函してくるなんて場合もありますし、既にお金を借りた事がある方の元には営業の電話を入れる事だってあります。

 

 その宣伝手段も様々ですが、『お金を借りたい。だけど、借りたい金額を借りる事も出来ない』という状況下ですと、誰だってコレを都合の良い話として『ここで借りよう!』と思ってしまうものではないでしょうか?

 

 そうして甘い言葉に騙された揚げ句の果て、専業主婦は闇金融の毒牙の餌食になってしまうのです。

 

 借りたらどうなるのか? それは先程述べた通りになるだけです。
非情な取り立てや嫌がらせを受け、絶望に導き失望に追いやられるだけです。

 

 一度借りてしまえばもう最後、否や最期と言ったって過言では無いでしょう。
骨の髄までしゃぶりつくすように、延々と金利を絞り続けるのです。

 

 もしも万が一知らずに借りてしまった場合は、警察に相談するか或いは遠い場所に引っ越して姿を眩ます他ありません。

 

 そんな闇金融、見破る方法はあるのでしょうか? 
 通常の金融業者のようになりすまし、営業の電話までかけてくるとなれば、見破る事って難易度が高いと思ってしまうものですよね? ですが、闇金融には一つだけ大きな特徴があるのです。

 

 それこそが、会社の電話番号を090・080と始まる携帯の電話番号に設定しているのです。

 

 銀行系カードローンにしても、キャッシング会社にしても”まともな貸金業者”であれば、会社の電話番号を携帯電話の番号で登録する事がまずありません。

 

 万が一、今現在借りようとしている貸金業者の電話番号が携帯番号なんて場合、闇金融の可能性が非常に高いので、絶対に使用してはいけません。

 

 また、専業主婦が融資を受ける事が出来る場所と言えば、”銀行のみ”となります。

 

 いくらお金を借りる事が出来る貸金業者を見つけたからと言って、甘い言葉には絶対に騙されないで下さい! 自分が破滅の道を進む事になってしまいます。

 

 けれど、どうしてもお金が必要……なんて場合は、仕事を始め収入を増やすか、旦那さんに相談するなど他の対処方法を考えるべきです。